BIO

​Noboru Suzuki

Dir, Noboru Suzuki.jpg

Born in Morioka City, Iwate Prefecture. In 2020, the short film "Incarnation" is completed. He participated in director Hiroshi Shoji’s film, "Tatsumi" as a producer, which is scheduled to be released next year.​

2020年に自主制作した短編映画”化身”は「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020」に入選したのを皮切りに、北米最大のジャンル映画祭「ファンタジア国際映画祭」、米英アカデミー賞公認の映画祭「ロサンゼルス国際短編映画祭」に入選。開催21年目のイタリアのファンタスティック映画祭「トリエステ サイエンス&フィクション映画祭」では長編部門で大友克洋、三池崇史、塚本晋也、佐藤信介等の監督作品が選出された過去がある中、日本人監督として初の短編部門に選出。

開催40年目のスペインのジャンル映画祭「Terror Molins映画祭」では最優秀脚本賞を受賞。日本人として同映画祭で初受賞を果たす。

日本国内外で30以上の映画祭に入選。特に海外では世界有数のジャンル映画祭に多数入選した。山田孝之氏プロデュースのMIRRORLIAR FILMS plusにも選出され、全国のミニシアターで公開。

アカデミー賞公認映画祭に入選した作品のみが応募の対象になる、登録者341万人の短編映画配信Youtubeチャンネル『Omeleto』にて配信中。

2023年公開予定の小路紘史監督最新作「辰巳」ではプロデューサー等で参加。